スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
*私立小って・・・
2006 / 02 / 04 ( Sat )
 前回の記事から1ヵ月以上もあいてしまいました・・・。続編を書かないといけないのに、こんなに間を空けちゃうなんて無責任でしたね。すみません・・・

 さてさて、私の市の私立小が2校あることは、前回の記事に書きました。私の私立小受験にこだわる理由も書きました。

 といいうことで、今回は、私がぶちあたった壁について書こうと思います。

 それは、伝統のあるA小学校のことです。

 こちらの小学校は、ミッション系の学校で、幼・小は共学ですが、中高は女子校になります。女の子を持つ親なら、ちょっと行かせてみたいなと思う学校なのです。

ウチの市は、公立がほぼ全校が壊滅状態なので、普通に授業が行われているというだけで、「いい学校」になります。こちらも、もちろんその部類で、登下校時に見かける子供たちも、挨拶も良くできる感じのいい子ばかりです。

が、しかし・・・・

それは間違いでした。何ともエリート意識の高い子供達の集まりだったのです。

 ナゼそれが分かったかといいますと、先日そこの幼・小のバザーに行ってきた時の出来事です。

5年生児童の作品「おとうさん、おかあさんの絵」を見たら、まあびっくり

・料理をしているお母さん
・お掃除しているお母さん

などの、微笑ましい絵なんて、ほんの少数

ほとんどが、

カルテを書くお父さん
治療をするお父さん
虫歯を治すお母さん
痛みをとってあげるお父さん
診察中のお父さん
社長席にすわるお父さん   etc・・・・

ほとんどの絵がそんな感じでした。その時私は、

「ももちゃん、ここはあなたが通えるところではなさそうだよ・・・」
と、心の中でつぶやいていました・・・。

そして、きわめつけは、駐車場を見渡すと・・・

ベンツベンツベンツBMWBMWベンツイプサム・・・

ここはヤナセか!

という光景が広がっていました。

お友達に情報収集したところ、子供達の中でも、「あの子のところは国産だ」だの「あのお母さんは、いつもノーブランドのばっぐだ」だの「ウチは社長だ」だの、そういう話題もあるとのこと。サラリーマン家庭をばかにしたりとか・・・。

そういうことを言う子供の、家庭の姿って見えてきませんか?きっと家庭でもお母さんが、

「あそこの家は、普通のサラリーマンなのよ。オホホホ~」
と言っているにちがいないと思いません?そういうお母さんに限って、

「小学校で心の教育をしてもらいたい」
と言っているそうです。

いくら、いい小学校で学び、学校で心の教育をしてもらったって、家庭で一生懸命働いている人をバカにしたり、ブランドバッグの有無で人の価値を決めたりしていたら、心豊かな子供になるとは私は思いませんが・・。

これって、ひがみではないですよね。

ちなみに、もう1つの小学校はこういう事はないとのこと。子供の進路が決まったような気がしました。

次回は、学研教室その後を記事にしたいと思います。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。 120-60-2.gif
b_04.gif
人気blogランキングへbanner2.gif

スポンサーサイト
13 : 09 : 12 | お受験 | トラックバック(1) | コメント(9) | page top↑
*我が街の私立小事情
2005 / 12 / 29 ( Thu )
 私が住んでいる所は、中国地方のとある県です。住んでいる市は、全国的に言えば「田舎」で、中国地方の中では、まあまあ発展していて、同じ県内では二番目に大きい市になります。

 そんな私の街には、私立小学校が2校あります。1つは、とっても伝統があるミッション系のA小学校 こちらは幼稚園・小学校・中学校・高校があり、幼小は共学、中高は一貫教育の女子校となります。

もうひとつは、そんなに伝統はありませんが、大学進学状況がとてもスゴイB小学校 こちらは、全て共学で中高は一貫教育となっています。

私の市に住む、女の子を持つ親ならば、誰もがA小学校の前で立ち止まると言われていて、親子3代で卒業生というご家庭も少なくはありません。

ももが通う幼稚園でも、「小学校どこにします?」という話題が多く、みんな頭を悩ませています。それというのも、公立小がほぼ全校といっても過言ではないくらいの学校崩壊をおこしているのです。先生が学校を抜け出した子を追いかけていくので、授業が中断したという話はザラ。これが単なる噂ではないところが怖いのです・・・。

それで、おのずと私立小がクローズアップされてくるわけなのです。

授業料は2校ともさほど高くも無く、一般サラリーマンの我が家でも、まあ頑張れば(私のパートは必至ですが・・・)行かせられなくもない金額。

私も、娘を私立小に行かせたい派なのです。その理由として、授業はどういう態度で臨むかを教えたり、先生に対する態度を教えるのは、家庭の役割だと思っています。そして、それを小学校の間に身につけていき、お勉強にも結びつけていって欲しいと思っています。しかし、いくら家庭でそれを言い聞かせても、環境って大切だと思いませんか?

事実、私のお友達から聞いた話なのですが、「お勉強を頑張るぞ」と張り切って入学した娘さんが、授業が成り立たない現状に毎日、「お勉強したいのに全然できないの・・」と泣いて帰ってきていたのですが、2学期くらいになると、その状況に慣れてしまって、それが普通と思い同化してしまったらしいのです。

なんか、それって悲しいと思いませんか?子ども自身がしっかりしておけばいいのでしょうが、やはり子供ですから、流されてしまうってこともあると思うのです。

私は将来いい大学に行って欲しいという理由で私立小に行かせるのではなく、先にも書きましたが、授業に臨む姿勢・先生や学校に対する態度をしっかり身につけて欲しいのです。

いろいろなお考えの方もいらっしゃるでしょうが、私はそう考えています。オーバーな話、中学校は公立でもいいと。とにかく小学校は、長い学校生活の基礎だから、少しでも落ち着いた環境で学ばせたいと思っています。

が、しかし・・・・

こんな私の熱い思いは、早くも壁にぶちあたるのでした・・・。

この話はまた後日・・・。


ランキングに参加しています
応援クリックお願いします 120-60-2.gif

13 : 54 : 36 | お受験 | トラックバック(1) | コメント(9) | page top↑
*悩む学研教室
2005 / 12 / 27 ( Tue )
 さてさて、今日は先日から引っ張っている「学研教室について思うこと」を書こうと思います。その前に・・・、この記事は私自身が思うことであって、学研教室自体を批判するこのではありません。そこのところを分かって頂きたいと思います。

 学研教室の幼児コースでは、もじ・かず・ちえをやっています。プリントをやっていて、お教室で数枚、宿題として1日2枚あります。始めた時は、読める文字も少なかったももが、毎日毎日宿題の問題を読んだりするうちに、スラスラと読めるようになってきました。

と、ここまでは先日の記事にも書いたことでしたね。

で、気になることというのは、そのプリント内容ですが、普通の書店で売ってある「学研」や「くもん」の家庭用ワークとほぼ同じなんです。我が家でも、毎日もじ・かず・めいろ・ちえのワークを1枚ずつやっているのですが、それとほぼ一緒かなと・・・。充分親がみてやれる内容なんです。

変な話になりますが、お月謝は月8000円なんですよ~。家でもやれる内容なので、ちょっと考えちゃってるんです。もう少し年齢があがってからでも良かったかなと。幼稚園の間は私と一緒にやってもいいかな~と思い始めてきているのです。もうちょっと、良く考えて始めたら良かったと反省しています。

 でも、良かったこともたくさんあるのも本当なんです。

鉛筆の持ち方も正しくなったし、ゆっくり丁寧に取り組む姿勢も身についてきたし。アドバイスの仕方も教えてもらえたし・・・。何より、ももが楽しんで学んでるんですよね~。悩むところなんです。

 良く考えて始めたつもりでしたが、もうちょっと熟慮に熟慮を重ねたら良かったと反省の毎日です。

 次回は私の街の私立小事情について書こうと思います。
 
 ランキングに参加しています。
 応援クリックお願いします 120-60-2.gif





 

 
 

テーマ:幼児教育 - ジャンル:育児

00 : 48 : 55 | 学研教室 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
*気分はバイオリニスト?
2005 / 12 / 24 ( Sat )
 今回は、先日の記事の続編を書くつもりでしたが、ちょっとひとやすみ。今月から始めた「バイオリン」について書こうと思います。

 先月くらいから、ももが「バレエ」「ピアノ」「フルート」などなど、どこから知ってきたのか習いたがるようになってきていました。

でも、ももは今「めばえ教室」と「学研教室」に通っています。いくら楽しんで行っているとはいえ、どうかな~という思いもあり、習わせる気はありませんでした。それに、バレエなんかはとってもお金がかかるので、我が家では無理。そう伝えると、

「ももちゃん、ピアノとバイオリンやりたい

と言い始めました。それに加え、いつも行っている複合型商業施設の一角にヤマハ音楽教室があるので、そこのレッスン風景を窓から見つめる日が増えていきたのです。

そこで、とりあえず「ピアノ」と「バイオリン」の体験レッスンをしてみました。両方体験してみて、本人がバイオリンを気に入ってしまい、とうとう始めることになったという訳なんです

ももくらいだと、1/8サイズのバイオリンを買います。まだ少し大きいのですが、このくらいを買っておかないと、ほんの数ヶ月で買い換えないといけなくなっちゃうんです・・・ といっても、今使っているサイズも2年の命です 成長するまで、ひたすら買い替えなの~

レッスンはといいますと、今はひたすら「ボーイング」の毎日です。ミの音をひたすらギコギコやっています。毎日少しずつ練習しているのですが、もう気分は「バイオリニスト」 必ず鏡の前で、自分の弾く姿にウットリしながら練習してます。全く困ったものです・・・

このバイオリンを始めた事で、先日の「学研教室での気になる事」がにわかにクローズアップされてきたのであります。

次回は、学研教室の気になる事を書こうと思います。

それでは、我が家のプチバイオリニストを紹介します

               violin


ランキングに参加しています
応援クリックおねがいします 120-60-2.gif


           

テーマ:習い事 - ジャンル:育児

15 : 03 : 07 | バイオリン教室 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
*学研教室
2005 / 12 / 21 ( Wed )
 ものすごい久々の更新になってしまいました。幼稚園行事や何やらでいろいろ忙しく、PCを開けるのもままならなくって・・・。

 さてさて、久々更新第一弾は「学研教室」について書こうと思います。


 学研教室の幼児コースは、もじ・かず・ちえのお勉強をします。公文とは違い、基礎を固めるといいますか、「ていねいに、じっくり」をモットーに掲げてあり、その子にあったカリキュラムで進んでいます。いわゆる「先取り」ではありません。

これも、体験教室でももが気に入ってしまい、同じ社宅にお教室があることもあり、始めてみることにしたのです。始めた頃は(10月)、全くひらがなの読み書きはできなかったのですが、家でのワーク・学研での指導の甲斐あって、読みは100%、書きもかなりできるようになってきました。かずの概念も少しずつですが、身についてきています。

私は、早くから読み書きができるから「いい」とは思わないのですが、読めるようになったおかげで、絵本も自分でよめるようになったし、弟にも読み聞かせするようになりました。そして、何よりもも自身に「自信がみなぎる」ようになったのです。

それに、幼稚園から帰ってきても、

「学研の宿題がすんでからあそぶね

と言うようになりました。宿題だけではなく、「遊ぶ前には○○をしてから」というのが自然に身についてきたような気がします。まあ、これは元から身についている子も多いでしょうね。

が、しかし・・・・

私の中で1つ、疑問に思うことがあるのです。

この話はまた次回に持ち越します。


ランキングに参加しています。応援クリックはコチラ 120-60-2.gif



テーマ:幼児教育 - ジャンル:育児

19 : 08 : 12 | 学研教室 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。