スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
*私立小って・・・
2006 / 02 / 04 ( Sat )
 前回の記事から1ヵ月以上もあいてしまいました・・・。続編を書かないといけないのに、こんなに間を空けちゃうなんて無責任でしたね。すみません・・・

 さてさて、私の市の私立小が2校あることは、前回の記事に書きました。私の私立小受験にこだわる理由も書きました。

 といいうことで、今回は、私がぶちあたった壁について書こうと思います。

 それは、伝統のあるA小学校のことです。

 こちらの小学校は、ミッション系の学校で、幼・小は共学ですが、中高は女子校になります。女の子を持つ親なら、ちょっと行かせてみたいなと思う学校なのです。

ウチの市は、公立がほぼ全校が壊滅状態なので、普通に授業が行われているというだけで、「いい学校」になります。こちらも、もちろんその部類で、登下校時に見かける子供たちも、挨拶も良くできる感じのいい子ばかりです。

が、しかし・・・・

それは間違いでした。何ともエリート意識の高い子供達の集まりだったのです。

 ナゼそれが分かったかといいますと、先日そこの幼・小のバザーに行ってきた時の出来事です。

5年生児童の作品「おとうさん、おかあさんの絵」を見たら、まあびっくり

・料理をしているお母さん
・お掃除しているお母さん

などの、微笑ましい絵なんて、ほんの少数

ほとんどが、

カルテを書くお父さん
治療をするお父さん
虫歯を治すお母さん
痛みをとってあげるお父さん
診察中のお父さん
社長席にすわるお父さん   etc・・・・

ほとんどの絵がそんな感じでした。その時私は、

「ももちゃん、ここはあなたが通えるところではなさそうだよ・・・」
と、心の中でつぶやいていました・・・。

そして、きわめつけは、駐車場を見渡すと・・・

ベンツベンツベンツBMWBMWベンツイプサム・・・

ここはヤナセか!

という光景が広がっていました。

お友達に情報収集したところ、子供達の中でも、「あの子のところは国産だ」だの「あのお母さんは、いつもノーブランドのばっぐだ」だの「ウチは社長だ」だの、そういう話題もあるとのこと。サラリーマン家庭をばかにしたりとか・・・。

そういうことを言う子供の、家庭の姿って見えてきませんか?きっと家庭でもお母さんが、

「あそこの家は、普通のサラリーマンなのよ。オホホホ~」
と言っているにちがいないと思いません?そういうお母さんに限って、

「小学校で心の教育をしてもらいたい」
と言っているそうです。

いくら、いい小学校で学び、学校で心の教育をしてもらったって、家庭で一生懸命働いている人をバカにしたり、ブランドバッグの有無で人の価値を決めたりしていたら、心豊かな子供になるとは私は思いませんが・・。

これって、ひがみではないですよね。

ちなみに、もう1つの小学校はこういう事はないとのこと。子供の進路が決まったような気がしました。

次回は、学研教室その後を記事にしたいと思います。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。 120-60-2.gif
b_04.gif
人気blogランキングへbanner2.gif

スポンサーサイト
13 : 09 : 12 | お受験 | トラックバック(1) | コメント(9) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。