スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
*我が街の私立小事情
2005 / 12 / 29 ( Thu )
 私が住んでいる所は、中国地方のとある県です。住んでいる市は、全国的に言えば「田舎」で、中国地方の中では、まあまあ発展していて、同じ県内では二番目に大きい市になります。

 そんな私の街には、私立小学校が2校あります。1つは、とっても伝統があるミッション系のA小学校 こちらは幼稚園・小学校・中学校・高校があり、幼小は共学、中高は一貫教育の女子校となります。

もうひとつは、そんなに伝統はありませんが、大学進学状況がとてもスゴイB小学校 こちらは、全て共学で中高は一貫教育となっています。

私の市に住む、女の子を持つ親ならば、誰もがA小学校の前で立ち止まると言われていて、親子3代で卒業生というご家庭も少なくはありません。

ももが通う幼稚園でも、「小学校どこにします?」という話題が多く、みんな頭を悩ませています。それというのも、公立小がほぼ全校といっても過言ではないくらいの学校崩壊をおこしているのです。先生が学校を抜け出した子を追いかけていくので、授業が中断したという話はザラ。これが単なる噂ではないところが怖いのです・・・。

それで、おのずと私立小がクローズアップされてくるわけなのです。

授業料は2校ともさほど高くも無く、一般サラリーマンの我が家でも、まあ頑張れば(私のパートは必至ですが・・・)行かせられなくもない金額。

私も、娘を私立小に行かせたい派なのです。その理由として、授業はどういう態度で臨むかを教えたり、先生に対する態度を教えるのは、家庭の役割だと思っています。そして、それを小学校の間に身につけていき、お勉強にも結びつけていって欲しいと思っています。しかし、いくら家庭でそれを言い聞かせても、環境って大切だと思いませんか?

事実、私のお友達から聞いた話なのですが、「お勉強を頑張るぞ」と張り切って入学した娘さんが、授業が成り立たない現状に毎日、「お勉強したいのに全然できないの・・」と泣いて帰ってきていたのですが、2学期くらいになると、その状況に慣れてしまって、それが普通と思い同化してしまったらしいのです。

なんか、それって悲しいと思いませんか?子ども自身がしっかりしておけばいいのでしょうが、やはり子供ですから、流されてしまうってこともあると思うのです。

私は将来いい大学に行って欲しいという理由で私立小に行かせるのではなく、先にも書きましたが、授業に臨む姿勢・先生や学校に対する態度をしっかり身につけて欲しいのです。

いろいろなお考えの方もいらっしゃるでしょうが、私はそう考えています。オーバーな話、中学校は公立でもいいと。とにかく小学校は、長い学校生活の基礎だから、少しでも落ち着いた環境で学ばせたいと思っています。

が、しかし・・・・

こんな私の熱い思いは、早くも壁にぶちあたるのでした・・・。

この話はまた後日・・・。


ランキングに参加しています
応援クリックお願いします 120-60-2.gif

スポンサーサイト
13 : 54 : 36 | お受験 | トラックバック(1) | コメント(9) | page top↑
<<*私立小って・・・ | ホーム | *悩む学研教室>>
コメント
----

紗夢ちゃんが通える範囲には、私立の小学校がないので、公立の小学校に行っています。本当は私も私立に入れたかったのですが・・・。選択の余地はありませんでしたe-263
幸い紗夢ちゃんの学校は、とてもしっかりした校長先生で、担任の先生もとても熱心で、今のところみんな頑張って勉強しているようです。クラスのまとまりもあります。
でも他の学校へ行っているお友達の話を聞くと、やはり多いですよ。学級崩壊・・・。
授業にならないそうですね。子どもが先生の言うことをきかないし、先生も問題を解決できないという話をたまに聞きます。
確かに周りの環境は大事だと思いますね。

なぜこんなことになっているのでしょうね?
とても残念です。
公立だろうが私立だろうが、子どもが育つ環境がいいものであってほしいと思います!
by: しゃらまむ * 2005/12/30 06:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

うちは公立必至です。
徒歩圏に私立はありませんし、電車で通わせるつもりもありません。

学級崩壊。
こまったもんですね。
うちも、学校の状況を把握してから、小学校を決めようと思っています。
そのためには引越しもアリです。

学校で過ごす時間って長いですからね~。
影響もまともに受けるでしょう。
やっぱり、学習環境はいいに越したことは無いですよね。
by: あひる * 2005/12/30 09:15 * URL [ 編集] | page top↑
--あけましておめでとうございます。--

あけましておめでとうございます。
旧年は色々とお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします(^0^)

私もmomosugaさんと同じ考え。
「周りの環境はとても大切」だと思います。
品のある立派なお子さんがいるご家庭のご両親はやっぱり品があるように、学校も周りの子供達が勉強に取り組む姿がある方が、子供達も集中して勉強に励むと思います。
周りがだらけていたら、自分もだらけたくなりますものね。
私もmomosugaさんだったら迷わず私立にいれると思います(授業料も高くないようですしね(笑))子供にその環境を与えてあげるのが、親の勤めですから。
でもその公立はどうしてそんなに荒れているのでしょうね?
まだ小学生なのに....そんなに荒れてどうするの?といった感じです(^^;

by: Fuzzy * 2006/01/01 14:33 * URL [ 編集] | page top↑
--皆様あけましておめでとうございます。--

*しゃらまむさん

 本当に、どうしてこんな事になったのでしょう。不思議ですね。そして悲しいです。でも、紗夢ちゃんの学校は落ち着いているのですね。羨ましいです。子供も親も学校も、みんながちょっとずつでも努力したら、いい方向にいくのかもしれませんね。

*あひるさん

 引越しアリですか。それ大賛成です。ウチの市は、公立小も自分で選べるのですが、徒歩圏内はどこも「どっこいどっこい」 私立はスクールバスが走るので、やはりそっちに目がいってしまうのです。隣の県の私立小もスクールバスがこちらまで来るのですよ。

*Fuzzyさん

 こちらこそ、よろしくお願いします。
 同じお考えのようで、とっても嬉しいです。環境って本当に人を左右しますよね。左右されない人間になれれば1番いいのでしょうが、なかなか難しいのが本当のところだと思います。
 
by: momosuga * 2006/01/04 09:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

momosugaさんの意見がよくわかります。
アメリカにいても日本のそういう噂がきこえてきます。出来ればいい環境が1番ですよね。
そしてちゃんとお勉強をさせているomosugaさんは偉いです~!!うちも見習わなければと反省しています、、、。
by: りり * 2006/01/05 14:32 * URL [ 編集] | page top↑
--はじめまして☆--

履歴より訪問させていただきました。
ウチの子供達と、誕生年月が二人とも同じ。
(性別が違うけど)
でも、何だか勉強姿勢が進んでいます!!
ウチは、遊ぶ事しか考えてくれません(^^;)。

私立、公立。どちらも同じ教育の場。
なのに、なぜこんなにも環境が違うのでしょうかね??
ウチは選択の余地無く公立なので、ホント心配です。

とっても、整頓されたブログで感心してしまいました☆
更新楽しみにしています。
by: orion * 2006/01/11 00:31 * URL [ 編集] | page top↑
--コメレスが遅くなりました。すみません。--

*りりさん
 アメリカにも噂が届いてるのですね。噂ではなく、本当なのが悲しいです。いい環境をそろえたいという親の願いも、A小学校では叶えさせるのが難しいところなのです・・・。

*orionさん
 はじめまして。せっかくいらして頂いたのに、ほったらかしですみません。
 勉強というより、「勉強ごっこ」なのです。遊び感覚のようですよ。ウチも遊び専門ですから。
 環境の違いは、やはり家庭の姿勢も影響するのかもしれません。娘の幼稚園の副園長も「最終的には家庭です」と言われていました。最低限のルールとマナーは身につけさせなければと思う所です。
by: momosuga * 2006/01/24 15:32 * URL [ 編集] | page top↑
--バスケを探すなら--

バスケの検索サイト。画像、中学、高校、ストリートバスケ、女子などバスケに関する各種情報をお届けしています。 http://galvanize.hartmerrell.com/
by: * 2008/09/02 11:16 * URL [ 編集] | page top↑
--日本茶--

日本茶を探すなら http://www.karakustr.com/100316/100361/
by: * 2008/09/21 12:40 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momosuga.blog28.fc2.com/tb.php/9-ce315a9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2012/11/22 12:06】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。